マジックマイクXXL

こちらの映画はマジックマイクの続編になります。

ここでは主に主役となるのがチャニングテイタム演じるマイク、それまではストリッパーとして働いていたのですが何故か辞めてしまう事になったのです。

そして3年が経ったある時久しぶりに連絡があり会う事になった仲間から最後のストリップ大会に出場する事を知らされます。

そしてその夜の事、仲間と会った事でストリッパーをやっていた頃を思い出したのか仕事中に急にダンスが始まる事に、ここのシーンは衝撃的でした。

マジックマイク私は続編の方で初めて観たのですがこのチャニングテイタムこんなにダンスが上手かったとは何か違った一面がここで観れた感じがしました。

俳優さんでありながらこのダンスは凄いと思いましたしとてもかっこよかったです。

またこれで目覚めたのかマイクもその大会に仲間と一緒に出る事を決意するのです。

それから車に乗り大会へ向かう事になった訳ですがその途中にマイクがある事を提案した事でリッチーがダンスを試される事になったのです。

それと言うのがお店の中にいたいかにも笑わなそうな女性店員をダンスで笑わせる事でした。

ここのシーンお店に入って早々音楽が流れそしてダンスが始まるのですがこのダンスがまた笑えました。

さすがストリッパーと言う感じで、またそれで店員が呆然とした表情から笑顔に変わったところも良かったなと思います。

それからその後も色々とダンスシーンをはさみながらと言う感じでしたが私がやはり一番印象に残ったシーンは最後の大会です。

一人一人ここではシックスパックのむきむきな体を披露していくのですが特にその中でもマイクのセクシーダンスが凄く良かったです。

本当ストリッパーとしても才能があるんじゃないかと思うくらい圧倒されてしまうダンスでした。

また使われている曲の選曲も全体的に凄く良かったですし、こちらダンス映画としてはとても最高な映画でした。