ブルックリン(2015年製作のアイルランド・イギリス・カナダ合作 ジョン・クローリー監督)

ブルックリンという映画。
この映画は親子間の愛情と自立の間で悩む一人の若い女性が主人公で、一人暮らしをしている人はより共感出来る作品です。
映画の原作はコルム・トビーンの小説で、1951年から1952年のアイルランドとアメリカのニューヨークにあるブルックリンを舞台にしています。
この作品で主役のエイリシュを演じるシアーシャ・ローナンが素朴で可愛らしいのが印象的です。
エイリシュはアイルランドの小さな町で意地悪い女主人ケリーが経営する雑貨屋に努めていましたが、姉のローズが親しくしていたブルックリンのフラット神父の紹介で宿舎と働き口を世話してもらう事になり、故郷を後にします。
ブルックリンではアイルランド出身の女性たちと同居する生活を送りますが、勤め先のデパートでの慣れない仕事でストレスを抱えるようになり、ホームシックにかかります。
年老いた母親を一人で面倒を見ている姉の事も気になり出した彼女にフラッド神父は大学の会計士の講義を勧めましたが、それが功を奏しました。
最初は彼女の服装はどことなく精彩がないものでしたが、大学の勉強によって生活のハリが与えられてからは都会的なデザインに変わりました。
明るい青のボレロカーディガンに白のブラウス、下半分に赤やカーディガンと同色の青で柄が入ったクリーム色のフレアースカートはブルックリンの生活そのものを象徴しているようです。
彼女は下宿仲間の女性に土曜のダンスパーティーに誘われますが、その会場で出会ったイタリア人男性と恋をします。
私は夢や目標に向かって行動すれば、生活が楽しくなり、その人の魅力が増すという考えを持っていますが、それを体現している良い映画だと思います。
ファッションの変遷だけでなく女性の生き方の選択、誰もが直面する家族との関係など見どころが多く、様々な色糸で織られた上質なニットのように心を包んでくれます。