エドワード・ノートン 主演?真実の行方

ファイトクラブ、アメリカンヒストリーX、バードマンなどに出演している超演技派俳優エドワード・ノートンのデビュー作。 あらすじ シカゴで地元の大司教が惨殺される事件が起こり、その容疑者として大司教の下で教会のミサの手伝いをしていたアーロン(エドワード・ノートン)が逮捕される。 自己顕示欲の強い敏腕弁護士マーティン(リチャード・ギア)がニュースに取り上げられると考えアーロンの弁護を引き受けるが対抗した検察当局も辣腕検事ジェーン(ローラ・ウィニー)にこの事件を担当させた。 状況からしてアーロンの犯行でほぼ決まり... Read More